タイマッサージはどこから。。。。。

  タイ式マッサージは 本来タイ伝統医療の一部であるが、タイの伝統医療はインドで成立した仏教医学やアーユルヴェーダの影響を受けていると考えられ、 伝統的な体液理論を特徴としている. 被術者はマッサージのコースの間に多くのヨーガと同じ体位をさせられるのが特徴である。 シャーマニズムやアニミズムとも深く関わっており、 本来ボーンナイフを使った荒療治や聖水を使った徐霊や薬草学等と組みあわせた古式総合医学として認知するべきであるが、 マッサージ手技のみクローズアップされ現在に至る。こういったトータルで施術できる人は、タイ本国でも減ってきている。 達人と呼ばれる人は麻痺などの治療も行っているが、現在それらのノウハウも廃れてきている。 この独自のマッサージ施術法のルーツは、 およそ2500年前にさかのぼると考えられている。 タイではシバカゴーマラバット「Javika Kumar Baccha」として知られるブッダの主治医によって、タイに導入されたと信じられている。 仏教の伝来と共に伝来し、タイの寺院で発展した。 宮廷でも医療の一環として行われた。アユタヤ時代の文献「ナラーイ王の薬方」には、 マッサージが宮廷で治療法として用いられたことが記録されている。 宮廷の中にはマッサージ師という職位があり、比較的高い地位であった。1887年には王立シリラート病院が開設され、 宮廷医療と栄養近代医療が併用されたが、1915年にタイの伝統医療による治療・教育が禁止され、 医療の現場では行われなくなった。 1970年代WHOは、1978年のでプライマリ・ヘルス・ケアという保健医療政策の理念とその目指すべき方向性を示し、 宣言ではプライマリ・ヘルス. ケアに必要であるならば伝統的治療者の力も利用すること、といったことが述べられ各国の伝統医療復興に大きな影響を与えた。 タイでも伝統医療復興運動がおこり 、タイ政府は自国の伝統医療を再びその中に取り込み始め、1980年代から始まった「タイ・マッサージ復興プロジェクト」、 1990年の「タイ式医療の制度化」で医療に復活した。

 

Copyright© 2018 Thaisabaimassge All Rights Reserved.電話:03-5937-5536 MOBILE:090-5788-9086